日本FP協会創立30周年記念講演会(顧客本位の業務運営とFP)

ぽちっと、お願いします(^^♪

備忘録・雑記ランキング

 

こんにちは。

一緒に幸せつかみ隊サポーター、VamosWEBライター@キクリンこと、菊池和之です。

私は、2017・7月に2級FPの資格を取得し、日本FP協会のAFPに登録、認定されています。国家資格の

更新は今の所、期限がありませんが、民需資格の認定は2年毎に更新があり、期間内に15単位取得義務があります。

今回の講演&セミナーは受講すること、3単位が付与されるので、知識のブラシュアップ&単位取得の目的で参加しました。そのないようw、概略を忘備録的に、アップします!(^^)!

講演して頂いたのは、

金融庁総務企画局審議官 中島淳一氏

でした。

■ 家計金融資産状況(米国との比較、H28 金融レポート)

日本                   米国

※残高増加率

2016/1995年          1.54倍       3.32倍

※預金率                  51.7%      13.7

※運用リターン

増加率                     1.20倍        2.45倍

実は、

1980年代までは、両国間の差は、それほどなかった。

しかしながら、米国は早くから金融政策に着手し、401 kなど、資産運用が、資産の分散を

後押しした形になった。日本では最近、ようやく、確定拠出年金が出始めたが、かなり遅れている

■何故、日本は投資をしないのか?

商品をみると、米国にくらべ、リスクに見合うリターンを挙げていない投資信託が多い、

実際、高い、販売手数料、信託報酬を払っても、それに見合うリターンがなければ、当然ながらやらないですね(笑)、普通は。

■やはり貯蓄がよいのか?

ということになりますが、そうもいかなくなりそうです:(;゙゚”ω゚”):

「人生100年時代」

到来、要は、引退して没するまでの時間が伸びる予測があります。公的年金は生活をう潤うほどは期待できないですね。。

そうなると、働くか、持っている資産を運用して少しでも増やす必要がある訳です。

■金融庁の考え(家計の安定的な資産形成の推進)

恐らく、金融庁は高齢退職所得者のタンス預金で眠っている、預金を投資に向けさせて、資金流入を活発(要はお金を回す)にさえたい狙いがあるので、その為に、金融業界にどのように働きかけていくかを考えています。

・顧客業務運営の確率と定着

→ 「顧客本位の業務運営に関する原則」を公表し、金融機関をモニタリングする。

法律化して縛ると業者の形式的な紙の提出で終わるので、あくまでもエンドユーザに選択にゆだねる。

(手数料の高いところは選ばれないとか)

・長期、積み立て分散投資を推進

→ 積み立てNISAなど、若年層に投資のきっかけを作り、投資教育を推進する。

(投資資金がないからできない → 少額でも積み立てて投資する考え)

・退職世代に対する金融サービスの在り方を考える。

→ 今後、多様化するので今のうちから対策

(預金破綻する世代もでてくるので、今のうちから運用し、資産形成を促す)

 

 

 

 

2件のコメント

  1. (/ω・\)チラッ
    昔の人はお金を貯め込む人が多かったけんね(´・ω・`)
    今あの手この手でお金を使わせよう、世の中に回そうとして必死(笑)

    1. そうそう、だから、魅力的な金融商品を先に作らないと結局は、ダメなんよ。
      日本はなんでも手数料とか高すぎる。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です